Life

不器用人間によるBUMPさんのことを中心とした備忘録。ポツリポツリと書いています。

気づけなかった流星のような

12月20日。増川弘明さん、37歳おめでとうございます?

めでたい!^^

増川さんが近年使っている赤いギターは、私の好きなギタリストさんと同じギターなのでとても好きです。

日産DVD見て流星群に使われていてなんかほっこり。

 

増川さんからはいろんなものを貰いすぎて、なんとお礼を申し上げたらよいやら。

またライブで見れる日を心待ちにして。

 

とてもおめでとうございます!

http://www.bumpofchicken.com/pics/images/pics1/img20_4.jpg

http://www.bumpofchicken.com/pics/より、好きな写真。^^

 

ーーーー※12月30日追記ーーーーーー

12月25日のポンツカ改め増川ナイト(マスカわないと!)ではメンバーが増川さんの「こいつのここがいいんだよなぁ〜」な部分を発表。

升さん→「美味しそうに食べてくれるところ

藤原さん→「自分のペースがちゃんとあって、こっちがそれに安心感を覚える

     「最近また身長が大きくなってる

直井さん→「沖縄時間みたいなヒロくん時間というものがある→ヒロくん時間というよりヒロくん判断

 こういう人いますよね…。笑 でもそれって増川さんの素直さというか純粋さ?みたいなものがあってこそな気がするというか…でも多分すごく、空気とかも敏感に感じてる人なんだとも思うし…結論、この人も不思議な人です。笑

メンバーにとって増川さんはどんな存在か?の質問には

増川さん→「親代りみたいなもんじゃない?

(私→あ な た に は き い て ま せ ん 。笑

直井さん→「みんなのヒロって感じ。周りの友達もみんなヒロが好き

 増川さんの最大の魅力はあの「声」なんじゃないかと密かに思ってます。。愛される声です。増川さんの「うん」とか「なんかさ」とか、なんだか落ち着きます。(片桐仁さんに似たものが…?)

 

そしてそして毎回楽しみだった「増川食堂」。今回は1位を決めず。

そりゃ優劣はありませんが、その中でもヒロくんアンテナにビビッときたものを教えて欲しかった気もします…。私の中のベストオブ増川食堂メニューは「さくさくほんにょ」でした!絶対美味しい!何より簡単。^^

そしてベストオブサバヒロも決まりませんでしたが私の中ではやっぱり「パラコードブレスレットです。買おうか悩むくらいです。笑

 

年末で気をつけないと「ぷんっ」と過ぎてしまう増川さんバースデー。

まだまだ身長が伸びている増川さんには是非是非、体を鍛えてそのスタイルを維持していただきたい所存です。

おめでとうございました!

アコースティック・ギター

小学1年から中学入学くらいまで、ピアノを習っていました。お友達がピアノ教室に通い始めたと聞いて、他人のやることは何でもやりたがった7歳の私が「行きたい!」と言い出すまでにはさほど時間はかかりませんでした。

ど田舎で育った私にピアノを習わせてくれた母に、アップライトのピアノを買ってくれた祖父に感謝です。

ピアノを弾かなくなって十数年…また始めたいなぁと思うけど移動が多い私が持ち運びできる楽器はギターしか!ということで今年の頭からアコギを練習しています。がしかしギターは難しかった…!タブ譜を追うのに必死で音符と結びついていないのが今の現状。ピアノだと今何の音を弾いてるのかわかりますがギターだとさっぱりです…まだまだ練習量が足りないんですが。焦らず、自分のペースで独学してます。

それでもなんとか「花の名」や「スノースマイル」はちょっと弾けるようになっていて、たまに弾くプラネタリウムのイントロや車輪の唄の和音がとても綺麗だなぁと思ったり、太陽のAメロを無心でリピートしたり。笑

いつになったらbeautiful gliderを弾き語れるかしら。笑

いつか、と言ってる間に”その”時が来るかもしれないけど。

そしてずっとネットにある楽譜で練習していたのですが、先日とうとうバンドスコアを購入!こちらを!我が家に来た最初のバンドスコアです。^^

 

 

今まで見てたものと少しずつ違うところがあるし、ネットになかった曲も弾けて嬉しい!!

ストロークでジャーンと鳴らすより指でポロポロ弾くのが好きなのでそういう曲を中心に練習してます。

やっぱりアコギの音ってすごく好きで、同じ和音でもギターで弾くととんでもなく綺麗だったりするので凄いなぁと思います。。

誰に聞かせるわけでもなく、ただ自分が弦を触っているのが好きな状態ですが少しずつ上手くなるといいなぁと思ってます。^^

アンサー 感想

新曲アンサー。

アニメ「3月のライオン」のオープニング曲として書き下ろされた1曲。

初聴はSCHOOL OF LOCKにて。ミディアムと聞いていてもう少しゆっくりなテンポかと思っていたら少し早め。光を見つけて、心臓のドキドキとともに早足になるような。楽しそうに演奏するメンバーの姿が浮かびます。。

歌詞には今までの曲を連想させるような単語がこれまでにないほどたくさん散りばめられていて、メロディに乗って耳に入ってくる単語の一つ一つにその曲のイメージが浮かび、頭の中をめまぐるしく色んな情景が駆け巡ります。

20周年の年の2月に出したアルバム「Butterflies」、8月に先に配信されている「アリア」に続いて発表した「アンサー」。リリース日、形態が気になるところ。^^

answerの語源が "and swear"( 誓うよ )から来ていることが、「もう忘れない」「もう離れない」「もう迷わない」の歌詞に繋がってるのかなぁ、なんて妄想。「だから」忘れない、離れない、迷わない。この歌詞の中に出てくるのは「理由」という単語です。「それがそのまま答えで良さそうだ」と歌っているのか、「答えに見つかりたくない」と歌っているのか、「今までもこれからも、そしてイマもずっと探している」と歌っているのか、「君となら探し出せる」と歌っているのか。。

聴く人によって様々あるのだろうな、と思います。私にはまだまだ探しているように聴こえました。いつか立ち向かうであろう「答え」に臆せず進んでいくための勇気をキミにもらった唄。歩みを止めずに進んでいこうと決意する誓いの唄。私にとってはそんな唄です。^^

 

そしてアンサーの中で気になる歌詞が二つほど

一つ目は

「本当の声はいつだって正しい道を照らしてる」の部分。

ここが少し…いやだいぶ気になります。ここでの”正しい道”という言葉にいろんな感情が入ってたりするのかなぁとか思ってしまって。笑

その「正しさ」に打ちのめされた日もあったのかしらとか、救われた日もあったのかしらとか。

アンサーを聴いて何とも言えない、悔しいようなチクリと痛むような気持ちが少し混じるのは、(そこも好きなんですけど)そういった部分なのかしらとか自分と会話。

 

二つ目は

「想像つかない昨日超えて」の部分。

昨日は”過去”ですのでもう取り戻せないし起きてしまった事実は変えることができません。それが「想像つかない」ということはその「解釈」はいかようにも変えられるということ…なんでしょうか。前向きな意味でも悪い意味でも捉えられます。見方を変えることで過去にとらわれることがなくなったり、色んな装飾をつけられて原型をとどめない恐ろしい怪物になってしまったり。誰かが自分の過去をそっと抱きしめてくれたり、自分では気付けなかった大切なことに気づかせてくれたり。せっかく意味付けが変えられるなら、少しでも自分の足を進める原動力へと使いたいものです。。ここの歌詞とても好きです。どんな思いが込められているんでしょうか。

*12月7日 追記*ーーーー

考えすぎていたかもしれないですね…ロキノンのインタビューを読んで、やっぱり想像つかな「かった」の意味かなぁと思ってきました。

宇宙飛行士への手紙でも歌われている「今が未来だった頃のこと」のように、過去もその時が未来だった頃があったということ。「その延長の明日」も「震えるイマ」も「想像つかない昨日」になる時が来るし、「想像つかない昨日」も「その延長の明日」だった時があったということ、だから現在形なんですかね…。

現在形にするのは主には語感というのがあるでしょうけど、やっぱり「イマ」を大事にする人なのかもなぁと思いました。そして過去も「イマ」だったこと、未来もいつか「イマ」になること、「イマ」という瞬間が次々に襲ってくること。

当たり前のことなんだけど、そういうことを唄にするのが藤原基央という人なのかもしれないです。もちろん、それもほんの1面だけれども。

ーーーー

 

 

 

 

 

本当はもう一つ、「虹の辿りついた所」という所が気になってはいるんですが、これはもう「なんでそうしたん?!」と私の硬い頭の中がハテナマークだらけで全然わかりません。あんまり考えずに書いたのかしら。それとも長年BUMPを見つめ続けた人には何かピンとくるものがあるのでしょうか。むむ。

 

3月のライオンは普段アニメを見ない人種からするといろんな、本当にいろんな(笑)驚きがあって楽しくて、途中で入るギターの音にすごく落ち着きます…。脳内変換で藤原さんが弾いてることにしてます。

 

11月30日に発売される雑誌でのインタビュー、新曲についても少し語ってくれてるといいなぁなんて思ってます。^^