Life

不器用人間による備忘録。ポツリポツリと書いています。

ラジオ生出演

12月26日、SCHOOL OF LOCKにて。文字起こし。

BUMP OF CHICKEN先生が来校!!この1年、みんながBUMP先生の音楽とどう過ごして来たのか、教えてほしい! | 未来の鍵を握る学校 SCHOOL OF LOCK! 生放送教室

『僕は今日、「イマの共有」と書かせていただきました。毎年この時期になるとものすごく切なくなるんですね。年末っていうんですかね。あの、年末にすごい切なくなるんです。なんでかっていうと、なんていうんですかね、1年の終わりに向かってどんどんこう、強制的に近づいていく感じ?バァーっと。それでこう、1年が終わるっていうだけなのに、なんか知らないけどこう、謎のエンディング感というか終末感みたいなのがあって。で、それまで何かをしなきゃいけないっていう場合はもちろんですけど、別に何かをしなきゃいけないってわけじゃない場合でも、なんか少しこう焦る気持ちがあったりして。でまあ、こういう時期にこう、同じものを見たりとか聞いたりとか、そういういう体験を共有した人を、無条件に僕はそばに感じてしまうんですけれども。

まあそういうのはいつの時期でもね。例えばさっき話したライブとかでも、同じ音楽を同じ瞬間に共有するってことで、そういうのある感覚なんですけど、特にこの年末のこの時期、すごく強まる気がしていて。あらゆるポイントでそれを感じる時があるんです。

まあすごい切なくて。例えばあれ、そうクリスマス、この前。えっ昨日だっけ、クリスマスって。

「冬の匂い」あるじゃないですかこう、鼻の奥が痛くなるようなこう、冬の匂いがあって。それで光と色と、それから音と、でそん中にいる人たちが作るクリスマスの雰囲気というのがあって、でその日に街を歩いているだけで僕はすごく切なくなるんですけど、そんな時に街のイルミネーションがばって着いた瞬間とか、その時に感じることがあるんです。こうみんなが同じ方向向いて、声あげたりして。

こう、みんなが同じことを体験して何かを感じているっていう時になんか、あの、すごい勝手にそばに感じちゃうんです。隣にいる名前も何も知らない他人の人のことをね。

そういう体験の共有ですね。ラジオだってそういうものだと思っていて。

今日この、年末のこの日の、このタイミングで、ラジオを通じて皆さん、離れている場所にいるみんなと、あの、あなたと君と、同じ今を共有できました。ね、同じ話題で、それぞれが考えて、同じ音楽を聴いて、っていうね。そういうことをしたことによってすごく勝手ですけど僕は無条件にそばに感じてしまっているんですね、皆さんの事を。で、このままの気持ちで年を越せるっていうことをすごく嬉しく思います。

2017年の1月1日を迎える時、その瞬間に当然みんなもそうなんだろうなぁと。当然のことを思うだけできっとすごく、そばに感じると思うんでね。』 

 

 クリスマスの次の日、ラジオの生出演で藤原さんが言っていた言葉。

そういう時、ある。ふと感じる。

きっと自分とは違う感情でそのものを見てるし、ここに来るまでの経緯も全然知らないし、「今の共有」のその人の中の位置付けも違うんだろうけど。

この言葉から何を感じるかはその人の自由。「切ない」と表現したその感情を、果たして私は受け取りきれているんだろうか、なんて考えてました。^^

 

何というか、こういうことがありましてね、みたいな感じで嬉しくて。私も凄くその「終末感」とか「焦り」とか感じてしまっていたんだけどそれを見透かされているようで涙が。恐ろしい人…!

 

いろんなこと書きたいけどどれもまとまらず。

ただ残しておきます。

気づけなかった流星のような

12月20日。増川弘明さん、37歳おめでとうございます🌟

めでたい!^^

増川さんが近年使っている赤いギターは、私の好きなギタリストさんと同じギターなのでとても好きです。

日産DVD見て流星群に使われていてなんかほっこり。

 

増川さんからはいろんなものを貰いすぎて、なんとお礼を申し上げたらよいやら。

またライブで見れる日を心待ちにして。

 

とてもおめでとうございます!

 

ーーーー※12月30日追記ーーーーーー

12月25日のポンツカ改め増川ナイト(マスカわないと!)ではメンバーが増川さんの「こいつのここがいいんだよなぁ〜」な部分を発表。

升さん→「美味しそうに食べてくれるところ

藤原さん→「自分のペースがちゃんとあって、こっちがそれに安心感を覚える

     「最近また身長が大きくなってる

直井さん→「沖縄時間みたいなヒロくん時間というものがある→ヒロくん時間というよりヒロくん判断

 こういう人いますよね…。笑 でもそれって増川さんの素直さというか純粋さ?みたいなものがあってこそな気がするというか…でも多分すごく、空気とかも敏感に感じてる人なんだとも思うし…結論、この人も不思議な人です。笑

メンバーにとって増川さんはどんな存在か?の質問には

増川さん→「親代りみたいなもんじゃない?

(私→あ な た に は き い て ま せ ん 。笑

直井さん→「みんなのヒロって感じ。周りの友達もみんなヒロが好き

 増川さんの最大の魅力はあの「声」なんじゃないかと密かに思ってます。。愛される声です。増川さんの「うん」とか「なんかさ」とか、なんだか落ち着きます。(片桐仁さんに似たものが…?)

 

そしてそして毎回楽しみだった「増川食堂」。今回は1位を決めず。

そりゃ優劣はありませんが、その中でもヒロくんアンテナにビビッときたものを教えて欲しかった気もします…。私の中のベストオブ増川食堂メニューは「さくさくほんにょ」でした!絶対美味しい!何より簡単。^^

そしてベストオブサバヒロも決まりませんでしたが私の中ではやっぱり「パラコードブレスレット」です。買おうか悩むくらいです。笑

 

年末で気をつけないと「ぷんっ」と過ぎてしまう増川さんバースデー。

まだまだ身長が伸びている増川さんには是非是非、体を鍛えてそのスタイルを維持していただきたい所存です。

おめでとうございました!

アコースティック・ギター

小学1年から中学入学くらいまで、ピアノを習っていました。お友達がピアノ教室に通い始めたと聞いて、他人のやることは何でもやりたがった7歳の私が「行きたい!」と言い出すまでにはさほど時間はかかりませんでした。

ど田舎で育った私にピアノを習わせてくれた母に、アップライトのピアノを買ってくれた祖父に感謝です。

ピアノを弾かなくなって十数年…また始めたいなぁと思うけど移動が多い私が持ち運びできる楽器はギターしか!ということで今年の頭からアコギを練習しています。がしかしギターは難しかった…!タブ譜を追うのに必死で音符と結びついていないのが今の現状。ピアノだと今何の音を弾いてるのかわかりますがギターだとさっぱりです…まだまだ練習量が足りないんですが。焦らず、自分のペースで独学してます。

それでもなんとか「花の名」や「スノースマイル」はちょっと弾けるようになっていて、たまに弾くプラネタリウムのイントロや車輪の唄の和音がとても綺麗だなぁと思ったり、太陽のAメロを無心でリピートしたり。笑

いつになったらbeautiful gliderを弾き語れるかしら。笑

いつか、と言ってる間に”その”時が来るかもしれないけど。

そしてずっとネットにある楽譜で練習していたのですが、先日とうとうバンドスコアを購入!こちらを!我が家に来た最初のバンドスコアです。^^

 

 

今まで見てたものと少しずつ違うところがあるし、ネットになかった曲も弾けて嬉しい!!

ストロークでジャーンと鳴らすより指でポロポロ弾くのが好きなのでそういう曲を中心に練習してます。

やっぱりアコギの音ってすごく好きで、同じ和音でもギターで弾くととんでもなく綺麗だったりするので凄いなぁと思います。。

誰に聞かせるわけでもなく、ただ自分が弦を触っているのが好きな状態ですが少しずつ上手くなるといいなぁと思ってます。^^