Life

不器用人間によるBUMPさんのことを中心とした備忘録。ポツリポツリと書いています。

BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR "BFLY" 2016 福岡公演 感想なぐり書き。

※ネタバレを大いに含みますので見たくない方は見ないでください!

※あくまで私個人の感想です。記憶力がある方ではないので言った言葉などは「みたいなこと言ってたよ」程度のものなので信憑性はありません。MCの詳細はTwitterの方が絵などもあり分かりやすいかと思うのと、自分的に感動したことだけ書いてます。
一ファンの勝手な感想です。音楽ライターさんのような詳しいものではなく、ただただ感情的です。
というかもう、日記です。笑


福岡当日はよく晴れ、溶けるような暑さでした。
会場に着いたのは14時すぎ頃。

f:id:airinenakagawa:20160823004009j:plain
無事にタオルとチャリティーバンドを購入し(チャマごめんね、あんまり買えなくて。。)、同行者さんと会えました(^^)

それにしてもすごい人!

記念撮影もトイレも長蛇の列!ドームということをひしひしと感じます。
時間あったので同行者さんとももち浜まで歩きながら色んな話。ももち浜で写真撮ったりアイス食べたり、ゆっくりまったり楽しみ、会場に入る前にガチャを4回だけ。(本当お金に厳しくてすいません。。)
かぶりがなくて欲しかったロゴ2種類も手に入ってもう、なんかありがとう!福岡!
そしていざ会場へ!




 

ここからライブの感想です。

 

私の席はアリーナの左端の方で、前から10列目。

サブモニターが目の前、右側にステージ。肉眼でメンバーは10センチほど。

スピーカーの真ん前でもありました。

席的にステージ奥にあるメインモニター(と呼ぶのかしら?)が見えず、アリーナなため全体の演出も見えない、
まさにサブモニターの映像とスピーカーからの音と、右側に10センチくらいに見えるメンバーを見ながらのなかなかスリリングな席でした。笑

チケットを譲ってくださったフォロワー様と席についてピックスモブを装着。
サブモニターが自分たちの真ん前にあり、それがステージへの視界を妨げていて「これはもしやアリーナなのに残念なやつか…??」的な空気が私の周辺に漂ってました。
カウントダウンが始まると会場全体が少しづつ立ち上がり始め、カウントとともに手拍子。
カウント数が少なくなっていく。

200…100…50…

待ちきれなくて曲に合わせての手拍子に変わる。

すると私たちの目の前を塞いでいたモニターが上に上がっていく!

もう嬉しくて涙目!これは端の人たちにしか伝わらない感動だと思います!笑
「よかったー!」って感じでした。笑 
4人が順番に出てきて歓声。黄色い声から野太い声まで。笑 ギターを掲げて、さらに大歓声。

BFLYスタート!
藤くんの声から始まるHello,world!で心臓はね上がりつつも目の前のスピーカーから聴こえる爆音に徐々に耳を慣らしていく。
藤くんの声が調子いい気がした。モニターに映る表情もなんか訴えかけてくるような。熱が入っている声。
パレードのバスドラが心臓に響いてきて「どうしても見る 見たくない傷」なんて歌われたら泣くでしょうが!!
Kではもう涙腺が崩壊。
このオープニング3曲の疾走感が半端なくて凄く高まる。

MCのところで印象的なのは何と言ってもウェーブ!!ものすごい綺麗だったんですよ!
音楽聴きたい!楽しみたい!って気持ちが集まるとこんなに揃うのかと!
アリーナから感動してました。

カルマは安定のかっこよさ。人気ある曲です。
ドームでやって欲しかった!初めて来た人にあのイントロのかっこよさ、伝われぇー!!
歌詞も本当にいいからこれからゆっくり聞いて欲しい!

続くファイター。
凄く響いた。もともといい曲な上にあんな熱を帯びた声で歌われたら最後のコーラスのところ一緒に叫びたくなるでしょうが!
私だって、私の隣にいる人だって、前にいる人だって後ろにいる人だって、みんな何かと戦ってるんだ。
本人しかわからない戦場で戦ってるんですよ!もがいてるんですよ!最後のコーラス部分でいつも泣いてしまうアラサーです。笑

宝石になった日は最初に一言ボソッと「新しい曲、ずっと聞いて欲しかったんだ」と言って間髪入れずに(もしくはかぶり気味?だったかな?)に
イントロが始まるものだから鳥肌。お友達が「藤くんは生粋のモテ男」と言っていたのですが本当にその通り。

続く流星群は私全然モニター見えなかったので。笑 
ただ音に身を任せていたんですがCDよりドラムが力強く響いて、優しいというより芯の強い祈りの歌に感じました。
最後に歌詞を付け加えて歌ってくれたのですが私が聞き取れたのは
「誰かが誰かの◯◯◯◯
 誰かの上で流れ星になった
 ◯◯◯◯
 ようやく君と出会えた
 出会えた 
 出会えた」
だけだったんですね。ここはメロディも違っていたので聞き取れた人はすごいなあと思うのです。
だけど「出会えた出会えた」ってたたみかけてくるところはみんな聞こえたはず。
涙が出るというよりなんか圧倒される感じでした。
Twitterには
「誰かが誰かの胸に救われて」「誰かの涙が空に救われて(掬われて)」の私が見つけたのは2種類。
1行目は特に聞き取りづらかった為ちょっと本当のところはどうなのかわからないですが…
あれはあの瞬間にパッと浮かんだのかな。だとしたらああいう風に曲が出来てくるのかなあなんて帰りの飛行機で
妄想しておりました。

そして続く大我慢大会!これが!私ずっと聴きたかったのですよ!
個人的に大好きなんです!歌詞も大好き!ああいう耳が痛い系の歌詞を高いキーで歌われるのが好きなんです。笑 間奏のギターソロも凄く好き!この先のツアーでもやってほしい!
声がもう最高。「まともなやつってどこだ〜」からどんどんキー上がっていって藤くんもどんどん上がっていく。
「この手で」っていう歌詞のところ凄く力強く歌ってくれてまたもや泣く。泣きすぎ。笑

この後は島へ移動。移動中はやはり1ミリも見えないので。モニター見ながらアラサーは少し休憩。
島では孤独の合唱。ずっとモニター見て聴きながらだったのですがモニターのカメラが動くと途端に熱が冷めちゃうので割と音だけに集中。
やっぱり藤くんの声が凄く調子いい。「どこまで離れていようとも」が好き。

ダンデライオンの最初から徐々にテンポ上げていくところ、CDよりも最初がものすごくゆっくりなんですよね。
孤独の合唱のテンポに合わせてるのかな。凄く心地よくて、そこからテンポ上げていくから凄くテンション上がる!!
これ近くで見た人うらやましいなあ。笑

そこからGOのインスト(?)に合わせてメインステージへ移動。やはり1ミリも見えない。笑
移動中のメンバーを近くで見ようと席を離れて走る人たち。いやあ、ライブだわ!私も若かったら走ってた!
移動中はモニターの映像を見る。ButterflyのMVに出てきた映像が最初モノクロで、次に色が入った同じ映像。
「選んだ色で塗った世界に囲まれて」がよぎった。
みんな同じ色で塗らなくてもいいんですよ。自分が選んだ色を塗ればいいんですよ。それがあなたの世界。
私だってツアーTとか着てなかったもん。笑 (お金なくて。)
でも、使う色、もっと増やしたくない?もっと色んな色で塗ってみない?誰かに教えてもらいに行こう。自分で歩いて見つけに行こう。なぁんてメッセージかなあ、なんて中二病全開で思いながら。笑

そこからのGO。GOのギターも好きなんですよね。音楽的専門用語がわからず感覚的ですが、全体的にキラキラした曲調の中であのちょっとだけ歪な感じのリフが、でこぼこの道をぶつかりながらでも空元気で下手な鼻歌歌いながら歩いてる感があるんですよね。
下手は言い過ぎか。笑 秀ちゃんの間奏のドラム叩くとこが上から抜かれてて映像とともに体に響いてきた。
「何かが変わったわけじゃない 何かが解ったわけじゃない」藤くん凄く訴えかけるように歌ってくれて凄く印象に残ってる。

車輪の唄。後半ステージの照明が明るくなり朝焼けをイメージさせる。シンプルで綺麗な演出。爽やかながらも少し切ないこの曲のメロディと曲調に凄く合っててとても綺麗だった。

続くsupernova。歌詞変えは「本当の存在はいなくなっても連れて行く」。「本当に欲しいのは〜」のところもあった気がするんだけどちょっと記憶が曖昧。泣
サビのランラーラーのとこ、皆さんの頭の中にはどんな言葉、感情が浮かんでいましたか?
会いたい人にもう会えない悔しさ・寂しさ、今となりにいる人の大事さ、これから生まれてくる命への愛しさ、今もどこかで消えていく命の儚さ。
いろんな「自分だけの思い」があの歌詞に当てはまり、あの瞬間何万もの言葉にならない「ランラーラー」があったんですよね。
普段出さない声出すと余計に、アラサーという生き物は涙が出る生き物です。

そしてMC。
藤くんが「あと3曲しかないです。時間があれば30曲でも40曲でもやりたいですよ。でも時間の制約というものがあって。」的なことを言ってくれてた。でもね。なんか1曲1曲とてもずっしりきて。ていうかほぼ全曲で泣いてるからかな。それくらいなんか感動した。

ray虹を待つ人Butterflyの流れはもう。何も考えずただ音に身をまかせる。藤くんの声に酔いしれる。
他になんか楽しみ方ありますか?笑
虹の「踊れ福岡!」にみんなひときわ大きく応える。虹を待つ人、大好き。
最後の藤くんが弾くギターの音がとても綺麗でお客さんから歓声。藤くん変な動きで両手でピース。ポーズがダサいのが絶妙なアラフォー感。
Butterfly、20で聴いた時よりもずっと良い。終始4人が全身で表現してて音も声も力強くて。周りもみんなそれぞれのノリ方でリズムに合わせる。私も全力でノリノリ。笑 歌詞がちょっと暗いのに、不思議な曲。

アンコールは天体観測。演出たくさんあってアリーナはちょっと慌しくてなかなか音に集中できなかった感はあったけど、締めくくりっていう感じでした(^^)

最後、藤くんが「ずっとここで歌いたかった。それを受け止めてくれてありがとう。…また絶対来ます。」と言ってチャリーティバンドをトントンと指で触れた。最高にカッコよかった。もうそれだけで十分でしょう。

お会いしたフォロワーさんが福岡在住で、ライブ後メールでお話ししてたけど、「とても怖い思いをして、ライブまで色々な思いがあったけど、始まってしまうとそんなこと忘れちゃうくらい、”ありがとう”ってなった」とおっしゃってました。
音楽のパワーってやっぱりすごいです。

福岡、本当に行ってよかった。チケットを譲ってくれた方がとっても優しい方で、アラサーの拙い福岡紹介を笑顔で聞いてくれてありがとう(; ;)BUMPの話からもっと深いところまで(笑)色々お話しできて楽しかったです(^^)


セトリです↓

1. Hello,world!
2.パレード
3.K
4.カルマ
5.ファイター
6.宝石になった日
7.流星群
8.大我慢大会
9.孤独の合唱
10.ダンデライオン
11.GO
12.車輪の唄
13.supernova
14.ray
15.虹を待つ人
16.Butterfly
アンコール
天体観測


Butterfliesの曲たちの中で今回のセットリストに入らなかった曲はコロニーとYou were here。
コロニー好きだけど ”スタジアムツアー” BFLYだから我慢!笑

(バラード枠をsupernovaにもって行かれた感…。) 

 

アルバム「Butterflies」以外で選ばれている曲も人気の高い曲たち。
まさにツアー『BFLY』。
「僕たちBUMP OF CHICKENっていうバンドです!Butterfliesというアルバム出したバンドです!」
みたいなセトリです。笑
でも始まってみれば間違いなくBUMPで。
藤君の声がすごく調子良くて結構ノリノリだった気がする。個人的に20よりも声出てる感じがしました。
スピーカー近かったからかな?音が凄い大きいのと、熱を持った声に感動。
アリーナだとpixmobとかほとんど見えなくてメインモニターも見えなかったのでなんというか凄くライブ感。笑
汗と涙いっぱい出た!

熱いライブだったなあ。日産楽しみ。席!重要ですよ!仕事頑張るからお願いです神様!

福岡空港から離れるにつれ、どんどんツアーグッズを見につけている人が少なくなっていく感がなんか
寂しくもあり、心地よくもあり。笑

とても、楽しい1日でした(^^)

f:id:airinenakagawa:20160823003834j:plain






ただのなぐり書き、読んでくださってありがとうございました(> <)