読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life

BUMPさんのことを中心とした備忘録。素敵だな、と思ったことについてポツリポツリと書いています。

821 虹を待つ人 記念日。

BUMP OF CHICKEN 曲・感想

大好きな1曲。

www.bumpofchicken.com

BUMPの曲は歌詞をかみ締めながら聴くものが多いと思うのですがこの曲は”音”が先に飛び込む。藤原さんの深みを増した伸びやかな歌声が音階を身軽に自由に泳ぎ回る。それが心地いい、私の中で。笑

” 目を開けたって同じ 自分で作る色 " からの曲の盛り上がりが凄い。

この曲の1番好きなところは圧倒的にあのメロディを歌いこなす藤原さんの歌声なんですが、やはりという単語が曲名とサビに使われているところも好きなところの一つ。

藤原さんが多用する単語(涙、痛み、ドア、鍵、鏡、光、etc…)の中に虹もあると思うのですが、それを曲名につけたりサビに使ったりするとなんだか特別感。勝手に。

何か新たな局面を迎えるたびに、自分たちがなぜそういう行動を取ったのかとか、振り返るとそこには理由があって。結局それはいい音楽を作りたい、いいライブをやりたい、1人でも多くの人に届けたいということに行き着くんです。僕らが歩んできた道のりはその精神が作ったものであって。

(参考)BUMP OF CHICKEN「RAY」特集 メンバーインタビュー (2/6) - 音楽ナタリー Power Push

藤原さんの書く単語には温度がある。音、痛み、壁、ドア、鍵…

だから受け取る方もその言葉が心に引っかかる。

シンプルな言葉を並べているのに広がりのある歌詞。

凄いよなぁ、って思うのです。(^^)