Life

不器用人間による備忘録。ポツリポツリと書いています。

8月27日 B=PASS 10月号

バンド20周年。その中で私がこのバンドの存在を知っていた期間なんて半分にも満たないし、もっと知りたいと思ったのなんてここ数年。以前ポンツカで「俺たちの浅い歴史を…」なんて藤原さんが言っていましたが、浅いわけないじゃないですか!!!!!!笑 と全力で言いたい。

 

今回は結構ライトな内容でしたが藤原さんがちょっとした課題を出してくれたので解いてみる。

三ツ星カルテットの「世界は大概素晴らしいらしい」のフレーズにちょっとした音楽遊び的な仕掛けがあるらしい。

 

ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム…と各音に集中して何回もリピート。う〜ん。特に変わったところはないかなぁ…まさかあれじゃないよね…とギターでメロディラインを弾いてみる。「え?」となりキーボードで確認。

「え?まさかこれですか?…もしこれなら「ふふっ。」感がものすごいですけど…!」となる。

う〜ん。これじゃないのかな〜。こんな簡単なものではないと思うんですが…。答え合わせは…しない気ですか。もとおじちゃん。

 

三ツ星カルテット。個人的にはロケットの打ち上げシーンの情景が思い浮かぶ、”始まり”のイメージ。聴いていて「羨ましいなぁ」という気持ちになる1曲。ギターのアルペジオが美しいです。

アルペジオで表現できることは、和音もあるし、メロディもあるし、リズムもある。全部表現できるじゃないですか。それは、ストロークにはないもので。

BUMP OF CHICKEN (3/4) - 音楽ナタリー Power Push

 

またこの曲を含めCOSMONAUTの全曲解説をしたMUSICAの2011年1月号にこの曲が出来た経緯や込められた意味などが記載されていて、とても面白いです。^^

 

音楽のことを言葉で話し合って分かったとしても、それは理屈であってさ。でも実際に音楽をやることって理屈じゃないから。言ったり言われたりして解決できることもあるけど、それでは絶対に解決できないことも音楽にはあって。【MUSICAの2011年1月号より】

 

 

 このライブの始まりの曲が三ツ星カルテットです。演出もかっこいい!!

 

 ※それでは私のたどり着いた答え(自分で答えを見つけてから見たい!という方は回れ右です!)

 ↓

 ↓

 ↓

 

 ↓

 ↓

 ↓

メロディラインを聞こえた通りに弾くと

(歌詞)せ か い は たい がい  す ば ら  しい ら しい

(音階)ミ レ ミ レ  ミ    ラ     シ ラ    シ     ラ   シ

 

おそらくこのお遊び的なことが仕掛けなんじゃないかと。

「ふふっ。」ってなります…。偶然、なのか1番を作って狙って当てはめた詞なのか。^^ 絶対音感があれば聞いてすぐに「ふふっ!」ってなるんだろうなぁ、いいなぁ。笑 ピアノアレンジとかされてる方やバンドスコアを持っている方も気づいてたかもしれませんね…!

 

 

読んでくださってありがとうございました!!