Life!

不器用人間による備忘録。ポツリポツリと書いています。

fujiki最終回と流れ星の正体

1月27日。fujiki最終回、「ついにこの日が来てしまったか…!」という気持ちで本屋さんへ向かい、買ったその場ですぐに読みました。(近くのミスド内で。)

15年という長い歴史の一つの締めくくりに、藤原基央は詩を書いて曲を作りました。

BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2017年 03月号

BACKSTAGE PASS (バックステージ・パス) 2017年 03月号

 

 

次の日、

28日20:00〜30日23:59 までの期間限定で詩にメロディとギターの和音をつけてリリックビデオを公開しました。

半音下げにチューニングしたギターで頑張って耳コピを試みるも全部は出来ず。

耳コピ動画を見てコードを覚えて、あっこれ太陽と同じコードだ!とか、ここプラネタリウムみたいだなぁとか、「ここは涙のふるさとみたいだよ」と教えてもらって、地味に感動したりして。

 

歌詞の最初の2行を見たとき、思い出したのはBFLY福岡公演。

日産のBD&DVDの特典映像で福岡公演での流星群が入っていますが、

 

そこで付け足された歌詞、(※2月21日、1フレーズ抜けていたので付け足しました※)

”誰かの涙 空にすい込まれて

誰かの上で流れ星になった

君と一緒で良かった

ようやく君に出逢えた 

出逢えた 出逢えた 出逢えた”

が元になっているんでしょうか。(飛び 込 越えて となっていたのはこれが原因だったりして。笑)

実際私も現地で聴きましたが、感動するというより圧倒されました、メロディと相まって。

 

 

最初は「誰か」同士だった人間が、最後には君と僕になります。

なんでしょう…いいですよね。

流れ星の正体を聴いてさらに流星群が好きになるという事件。

 

”生まれた証の尾を引いて” ”時間と距離を飛び越えて” ”君の空まで” という表現が好きです。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「流れ星の正体」

作詞・作曲 藤原基央

誰かの胸の夜の空に 伝えたい気持ちが生まれたら

生まれた証の尾を引いて 伝えたい誰かの空へ向かう

 

いつも迷路 終わらないパレード 止まったら溺れる

ゴールなんてわからないままで いつまで どこまで

 

時間と距離を飛び越えて 君のその手からここまで来た

紙に書かれた文字の言葉は 音を立てないで響く声

 

そうやって呼んでくれただろう 見上げればちゃんと聴こえたよ

僕の上にも届いたように 君の空まで届いてほしい

せめて君に見えるくらいには 輝いてほしい

 

流れ星の正体を僕らは知ってる

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー