読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life

BUMPさんのことを中心とした備忘録。素敵だな、と思ったことについてポツリポツリと書いています。

みんなのうた

BUMP OF CHICKEN メディア

先日、みんなのうたでの再放送で初めて「魔法の料理~君から君へ〜」みんなのうたバージョンを聴きました。

みんなのうたで流れている、というのは知っていましたが視聴するのは初めて。ドキドキしながら見ました。

改めて藤原さんの声好きです。あの声を重ねられたらもう。

楽しみにして でも覚悟して の部分が一番好きです。

BUMPさんのMVの方も大好きですが、みんなのうたのアニメーションは歌詞をそのまま描かれていて、イラストとともに歌詞が頭に入ってきます。

”正義のロボットの剣で〜”のところや男の子の顔がアップになるところ、いいなぁ^^

 

 

私がみんなのうたで印象に残っている曲は「伸ばした手は光を掴まえて ガラクタの魂を鳴らす」というサビがある曲なんですけど何歳の時に観たのか、曲名はなんだったか、もう忘れてしまっていましたが凄く好きでふとした時にふっと、サビが頭に流れるんです。

このサビの部分でピエロの手が太陽に向かって伸びていって、奇妙だったけどボーカルの方の声と曲調が好きでした。

そしてサビ以外はメロディも歌詞も忘れてしまっていました。この機会にって思って改めてサビ以外の部分はどんなだったかとか、どんな人が作った唄なのかとか、大人になって調べると感慨深いものがあります。。

 

青天井のクラウン

青天井のクラウン

 

青天井のクラウン

青天井のクラウン

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

青天井のクラウン ソウル・フラワー・ユニオン

作詞 中川敬

作曲 河村博・中川敬

編曲 ソウル・フラワー・ユニオン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

上に貼ってあるのは違うアーティストの方のcoverで曲調も違っているんですが、好きですメロディ。原曲はボーカルがすごくカッコよくて、不思議で不気味なピエロが太陽に向かって手を伸ばすシーンは鮮明に覚えています。

 

”踊り子が見せた つかの間の涙は

さまよい流れた星のように

いのちの虹を描く”

青天井のクラウンにこんな歌詞があったなんて。

 

 

私が「青天井のクラウン」のサビだけをずっと覚えていたように、「魔法の料理〜君から君へ〜」の一部分だけの歌詞とメロディを、大人になるまでずっと覚えてる子もいるんだろうなぁ、なんて考えてました。以前ポンツカでお子さんが「でも覚悟して〜」の部分をずっと歌っているというお手紙があったような。笑

 

みんなのうたを見てこんなことを考えておりました。